FC2ブログ

KLGブログ

KLGの公式ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪ゴスペラーズ in びわ湖芸術ホール

09’5.2
ゴスペラーズ坂ツアー2009 "15周年漂流記" in びわ湖芸術ホール


久しぶりの生ゴスです。
今ツアー参加1回目。とっても楽しみにしていました。

ところが、前日の5月1日、仕事が終わって「明日はライブ♪ チケット用意しーとこっ!」
と引き出しを開けたんですが、

ない! 

チケットがない!「もしかしていく気になってただけで、当選してなかったのか、私!?」
と不安に…。
家の中、あちこち探してやーっとチケットを見つけ出し、無事参加したという、いわくつきのライブとなりました。

少し触れましたが、今回はメンバーも観客もゆっくり楽しめる感じ、でしたね。
と言っても、手を抜いたセットリストではなく新旧の曲を織り交ぜ、アカペラ曲も適度にあり、アコースティックコーナーもあってなかな盛りだくさんでした。

ゴスペラーズ、全員リードボーカルを歌います。アカペラ曲でも全員リードを歌います。
と言うことで、ハモリもベースも曲のフレーズによって5人が入れ替わりたちかわりするんですわ。
今回顕著に現れたのが、アカペラ曲「Armonia」。

普段ベースの北山さんが1番のメロディーを歌っている間は、安岡さんがベースを歌っていました。
普段の安岡さんの歌声からは想像もできないくらいの低音を、
体いっぱいに響かせて歌っている姿と、
リードを歌いながらもベースを歌う安岡さんを見守る北山さんの優しさが、
3階席からでもよ~~く伝わってきて、
このグループがまたまた好きになりました。
そういう感覚を味わえるのって、ライブに行った特権だなー。

その「Armonia」、最近のお気に入りの曲です。
とっても高い音。複雑なハーモニー。そして予想がつかないメロディライン。
今のJポップシーンに、この手の歌を自分達で作って聴かせられるグループって、
そうはいないと自負しております。よく聞くと1番と2番ではハモリとメロディを反転させたり、5声が生きる和音をつんだり…。
たまにこういう曲を生み出すんだからさ~、マニアにはたまらんのよね~

あと特筆すべきは、
村上…カホン
黒沢…ミニ鉄琴
酒井…クラビオラ
北山…ギタレレ&カホン&トロンボーン
安岡…ギター
を演奏しながらの、アコースティックバージョン。
曲は、スローバラード、Stannd By Me、シマダチ。
浜辺でキャンプファイヤーをして、火が落ち着いてきた頃に歌ってるような感じでした。
うまくやろうって意気込んでる感じじゃなく、リラックスして自然体で歌ってるように聴こえて、ほっこり気分になれました。

途中のMCで、村上さんが
僕達の音楽を見つけてくれてありがとう
と話していて、約15年彼らの音楽を聴いてきたリトルNは、いたく感動。
いろんな人や音楽に触れ、あちらこちらをさまよい漂ってきたけれど、
だからこそたくさんの人に出会えたし、たくさんの人に歌を届けることができた、
多くの音楽がある中で、僕たちを探し出してくれてありがとう、と。

アカペラ自体がものめずらしい時代に、「アカペラグループじゃない!僕達はボーカルグループだ!」とデビューして、説明して説明して…、時代に受け入れられるまで7年かかったゴス5人衆。
バンドツアーをすれば、「アカペラとおもってたのにぃ」と言われ、
名前からゴスペルグループと勘違いされたり、
メディアにでたら「キムタクのいないSMAP」と言われたり…。
音楽業界受けは抜群なのに、世のスタンダードになるまで本当に苦労をしてきた彼ら。今まで「僕達の音楽を聴いて欲しい!」と一生懸命だったのに、こんなセリフ言われたら泣けちゃうよ!
この5人、人間としても成長し続けてるんだなって。
同世代なのに母親気分でミョーにうれしくなりました。

今回は、ライブ全体を一通り体験したけれど、5人分の歌と心を感じに、
また「15周年漂流記」に参加する予定です。




| ライブ観戦記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。