FC2ブログ

KLGブログ

KLGの公式ブログ!

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

♪古武道 in いずみホール

09’3,27
ミュージックサプリ Vol.4 
古武道 in 大阪いずみホール


去年からずーっと聞きたかった「古武道」のコンサートに、やーーっと行けました!
まず、知らない方のために…、
「古武道」は、古川展生(チェロ)、妹尾武(ピアノ)、藤原道山(尺八)の3人ユニット。感のよい方はお気づきかと思いますが、3人のカシラ文字をとってグループ名がつけられました。クラシック、ポップス、純邦楽というそれぞれ異なるフィールドの第一線で活躍している3人が集い、ジャンルの垣根を取り払った創作活動、演奏活動を展開して唯一無二なグループです。

とまぁ、こんな音楽ユニットです。詳しくはこちらを
妹尾ちゃんのピアノを生で聴きたい!!という彼に対する憧れ半分、チェロとピアノと、そこに尺八が入ったら、いったいどんな音楽になるんだろう!? という興味半分でリトルIと参加しました。

一番ひきつけられたのは、古川さんのチェロ!
中低音マニアな私には、超ストライクゾーンな楽器ですよ!しかも、チェロ単体の曲ってほとんど聴いたことがなかったからか、表現できる幅がめちゃめちゃ広いことに感動!

白馬の王子様の後ろで流れていそうな堂々とした優雅なメロディ。
ピアノがメインになると、コントラバスの様に曲を支えるベースライン。
かと思えば、雨音の様な、つぼみの様な、繊細なピチカート。
時に迫力ある音を奏でたり、弓でリズムを刻み曲を軽やかに仕上げたり…。

いいだしたらキリがないほど自然とチェロに耳が行ってしまいました。
この年にして、やっと知ったチェロの素晴らしさ!
はぁ~~、ステキスギル! !

彼の経歴はほんま輝かしいのに、クラシックにとどまらず、ポップス畑もジャズ畑も、はたまたタンゴのフィールドでも活躍し、アカデミー賞で超有名になった映画「おくりびと」のテーマ曲を担当したり。いろんな方面から注目されてる人らしいです。
京都出身らしく、MCでは優雅さの中にユーモアやトゲもあり、
もうねぇ、人間的にも一番気になる人でした。

尺八の藤原道山さんの演奏も素晴らしかったですよ!
曲中に2~4種類くらい(かな?)の尺八を使い分け、
音域や音色に変化をもたせた演奏をされてました。
ポップスでいうボーカル的なメロディを奏でることが多いんだけど、
時には優雅なフルートのように、また、時には素朴なリコーダーのように、
そして、尺八本来の音色でメインをとったり、
と私の尺八イメージとはまったく違っててこれまた驚きと感動でした。

でも、それらは彼だから可能な演奏なんだと思います。10歳から始め、人間国宝 山本邦山氏に師事し、しっかりした邦楽の原点を持っているからこそ、どんなジャンルとでも対等に演奏できるんだろうなー、と。
だから坂本龍一、野村萬斎などとのコラボレーションや、キムタクが主演した映画「武士の一分」でもゲストミュージシャンとして音楽に参加したりできるんでしょうね。まだ若いのに、凄いヒトやねぇ~

クラシック音楽って、聴いてるとトロ~~んとなって眠たくなりますやん?あれって、頭も心もリラックスしてる証拠だと思うんですけど、古武道の音楽は、あのリラックス感はしっかりありつつ、眠たくなるんじゃなく、心がすーーーっとしてくる感覚がありました。
1曲1曲がクラシックみたいに長くないし、楽器が3種類なんで、音がはっきり聴こえるから、ということもあると思うけど、森の中で良い音のミストをいっぱい浴びてるような、そんな心地よさでした。

そして、妹尾さんのピアノ。人柄がめちゃくちゃでてるピアノでした。
妹尾さんについては、改めて書きたいと思います。
そうそう、彼の作品も、知らないところで聴いてる人が多いと思いますよ、フフフ…。


人によっては、古武道を「癒し系音楽」って言うんだろうけど、私的には「癒し」という安っぽい、俗っぽい表現は使いたくないなー。
ひとりひとりの奏でる音が完全に混ざり合うんじゃなく、引き立て合いながら浮かびあがらせながら、ってのが、絶妙なんですよ。
それは、音、音色もそうだけど、3人がそれぞれを尊重して認め合ってるからできる音楽だと感じます。もしかしたら、CDで聴いているだけではそこまで感じとることができなかったかも知れないなって思います、私の貧相な感性では。

あと、忘れてならないのが、「いずみホール」
ココは、クラシック専門のハコで、とにかく音がいい!!
残響まで計算されてるんじゃないかと思うほど、
自然に心に馴染む音でした。
客席からみる舞台も素晴らしく綺麗で、
後ろに堂々と居座るパイプオルガンも、威厳と風格がありましたねぇ。
いつかいずみホールで、サンサーンスの「交響曲第3番オルガン付き」を聴いてみたい。
そう思いました。

良質な音楽にめぐり合い、
互いを尊重し合うことの大切さを感じ、
とても良い出会いでした。(一方的にですけどね)

ひとりでも多くの人に、この心地よさを味わっていただきたい!
そんなミュージックサプリ「古武道」コンサートでした。


そうそう、NEWS23のテーマ曲、今日から古武道が担当です!
いつか番組にゲスト出演しないかなー♪


| ライブ観戦記 | 00:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。